地域
おきなわエール飯 テイクアウトでGO

彩り鮮やか、本格イタリア料理を手軽に 名護市・オステリア スクジャ<おきなわエール飯 テイクアウトでGO>

テークアウトでも提供しているサラミや生ハムを使ったピザ「カルネミスト」(税込み1100円)(左)と「野菜たっぷり!八百屋さんのスパゲッティ」(同950円)

 名護市宇茂佐の森にあるイタリア料理店「osteria sucugia(オステリア スクジャ)」はコロナ禍を受けて、テークアウトを始めた。本格的なイタリア料理が自宅でも楽しめると好評だ。

 店を営むのは諸喜田秀之さん(48)。東京でイタリア料理店を営んでいたが、2007年に出身地の名護市に戻り、腕を振るい続ける。「リーズナブルな価格で、地元の人たちが手軽に楽しめるようにしてきた」と語る。


イタリア料理のテークアウトに取り組む諸喜田秀之さん=19日、名護市宇茂佐の森の「osteria sucugia」

 テークアウトは4月中旬から始めた。現在はピザやパスタ、サラダが中心だが、前菜などにもメニューを拡大する予定だ。人気なのは「野菜たっぷり! 八百屋さんのスパゲッティ」(税込み950円)で、パプリカやナス、ズッキーニなどが皿を彩る。諸喜田さんは「テークアウトは一時的なもののつもりだったが、コロナ収束後も続けていきたい」と語った。

 名護市宇茂佐の森2の4の5。不定休。営業時間は午前11時~午後3時(ラストオーダー午後2時半)、午後5時~午前0時(同午前0時)。(電話)090(2164)4665。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス