社会

沖縄本島、非常に激しい雨の予報 大雨降り続き、土砂災害にも警戒を

大雨の中、水しぶきを上げて走る乗用車=22日午後3時すぎ、宜野湾市長田

 沖縄地方は22日、梅雨前線の活動が活発になり、先島諸島で大雨警報が発表されるなど荒れた天候となっている。沖縄本島でも各地で大雨注意報が発表され、22日夕方から23日にかけて多い所で1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る見込み。沖縄気象台は24日にかけて警報級の大雨になると予想しており、土砂災害などへの注意を呼び掛けている。

 22日午後4時現在、竹富町に大雨警報と洪水警報が出ている。石垣市と宮古島市でも大雨警報が発表され、本島でも各地で大雨・雷・強風・波浪などの注意報が発表されている。

 雨は長い間降り続く見込みで、沖縄気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒するよう呼び掛けている。発達した積乱雲の下では落雷や竜巻などの激しい突風にも注意を促している。

 22日午後3時までの雨量は、南大東島で116・5ミリ、竹富町西表島は103ミリ、石垣市川平は102・5ミリを観測している。

沖縄県内の警報や注意報などの防災情報は、琉球新報の専用ページでも確認できる。URLはhttps://ryukyushimpo.jp/pages/entry-566767.html 【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス