経済
新型コロナウイルス感染症

農林水産5団体が「停滞する物流で支援を」 航空減便で県へ要請

 JA沖縄中央会、JAおきなわ、県花卉(かき)園芸農業協同組合、沖縄協同青果、県漁連の5団体は29日、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う農水産物の輸送支援を県に要請した。

 航空減便に伴う物流停滞の影響を受ける中で、県内農水産物を輸送するため航空会社が臨時貨物便を運航して対応しているが、通常よりも輸送費がかかる。県は「流通条件不利性解消事業」の特例措置でコスト上昇に対応している。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス