地域

リモートで一緒に慰霊 平和の礎から石垣をつなぐ

スマホでのビデオ電話で石垣市のいとこと話し涙を拭う浦崎成子さん(左)と夫の幸夫さん=23日、糸満市摩文仁の平和祈念公園

 【糸満】新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、沖縄戦戦没者の追悼手法で、遠隔地と慰霊碑をビデオ通話などつなぐ“リモート慰霊”の動きが出てきている。慰霊の日の23日、糸満市の平和の礎では石垣島にいる女性のために、ビデオ通話で刻銘板を映す若者の姿があった。そこに、女性のいとこである浦崎成子さん(73)=西原町=が偶然通り掛かり、一緒に祈りをささげた。

 石垣市出身の成子さんは夫の幸夫さん(75)と平和の礎を訪れた。ビデオ通話中に映り込んだことで「成子じゃないの?」といとこの声が聞こえて存在に気付いた。ビデオ通話を活用し、平和の礎にいる時間をいとこと共有できた成子さんは「こういうのがもっと広がったらいい。高齢になっても孫が代わりに追悼したらいいと思う」と期待した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス