社会

沖縄、石垣在住の女性もコロナ感染 この日2人目 先月に鹿児島滞在【7月8日夜】

 沖縄県は8日、石垣市の50代女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同日午前には、県中部保健所管内(沖縄本島中部など)在住の40代男性の感染が確認されたばかりで、この日2人目となった。

 女性は6月15日から29日まで鹿児島県に滞在。7月4日に倦怠感や咳などの症状が出たといい、8日に受診した。指定の医療機関に入院している。

 前日の7日には、石垣海上保安部の巡視船乗組員の40代男性職員が寄港先の鹿児島県で新型コロナに感染したことが判明している。

 県内では5月1日から7月7日まで感染者0が続いていたが、この日69日ぶりに患者が出た。県関係者の累積患者数は145人。7日には、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)に住む軍属5人の感染も明らかになった。【琉球新報電子版】



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス