社会
新型コロナウイルス感染症

クラスター発生の2店舗を公表 那覇市松山 沖縄市コールセンターでも感染者

新型コロナのクラスター発生に揺れる那覇市松山の飲食店街=28日夜

 県内で29日までに確認された新型コロナウイルス感染症患者のうち、14人が那覇市松山の接待を伴う飲食店2店舗の従業員と利用客だった。2店舗は系列店の「CLUB DIA RESORT」と「MADONNA CLUB」。従業員や客の往来があり、県はクラスター(感染者集団)と断定した。松山周辺では他にも複数の感染を確認しているとして、県は関係者を対象にしたPCR検査の実施を調整している。沖縄市のコールセンター従業員の感染もクラスターと認定した。

 松山の感染者のうち、利用客は7人。東京都の50代男性、名護市の50代男性、千葉県の40代男性と50代男性、那覇市の30代男性、東京都の40代男性。その他に、県内感染者が1人いる。従業員の感染は7人で女性が6人、男性が1人。2店舗を経営する会社代表の男性は「お客さまにご迷惑をおかけしてしまった。今後はより一層ガイドラインを順守したい」と話した。

 県によると、5人が感染した沖縄市雇用促進等施設内のトランスコスモスマーケティングチェーンマネジメントセンター沖縄コザで、新たに従業員1人の感染が確認された。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス