社会

暴力団・旭琉会本部が北中城に移転 前会長死去に伴い沖縄市から

 指定暴力団旭琉会(構成員約300人)の本部事務所が沖縄市上地から北中城村島袋に移転していたことが30日、関係者などへの取材で分かった。県公安委員会は暴力団対策法に基づき、31日付の官報で公示する。
 関係者などによると、2019年7月に旭琉会の富永清会長が亡くなったことを受け、19年12月、沖縄市の本部事務所から北中城村在の同会関係施設へ移転した。20年6月には全国の暴力団組織などに宛てて、移転に伴うあいさつ状を送付していたという。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス