社会

沖縄で新たに75人程度感染 午後3時半から対策本部【8月5日午後2時】

 沖縄県内の新型コロナウイルスの感染者が新たに75人程度確認されたことが5日、関係者への取材で分かった。県内では前日までに累計637人の感染が確認されており、700人を超える見通しとなった。クラスターは沖縄本島、石垣島、宮古島で計6カ所確認されている。

 県は同日午後3時半から対策本部を開き、県外からの渡航自粛要請を打ち出すか否かも含めて協議する。その後、玉城デニー知事が対応を発表する予定だ。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス