社会

GACKTさん、首里城復興へ470万円寄付「ファンや僕からの気持ち」

首里城火災復旧復興支援の寄付金の目録を贈呈のため県庁を訪れたGACKTさん=25日午後、同庁(喜瀬守昭撮影)

 沖縄県出身アーティストのGACKTさんが25日、沖縄県庁を訪ね、昨年10月に消失した首里城再建に向けて寄付金約470万円の目録を手渡した。
 今年1月から始まったデビュー20周年全国ツアーのオフィシャルグッズとして、Tシャツなどの「首里城再建アイテム」を販売し、売り上げの全額を寄付した。


首里城火災復旧復興支援の寄付金の目録を上原国定土木建築部長(右)に手渡すGACKTさん=25日午後、県庁(喜瀬守昭撮影)

 GACKTさんは「首里城再建に役立てたいとグッズの売り上げを首里城の再建にまわした。沖縄のことを愛してくれているファンや僕からの気持ちです」とあいさつした。
 GACKTさんは2011年に放送されたNHKドラマ「テンペスト」に出演。琉球王国末期を描いた時代劇の中で清国の宦官(かんがん)を演じた。

 首里城への思いについて「僕にとってだけでなく、沖縄の方にとって大切な象徴だと思う。一刻も早く再建を望んでいる人も多い。テンペストの撮影では通常では入れない首里城の中で撮影させていただいたことが僕の中でもとても思い出深いです」と振り返った。




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス