社会

竹富町で発見の標的用無人機「自分のところの物ではないか」 台湾側から町に問い合わせ

竹富島の海岸で発見された標的用無人機とみられる物体=9日、同島の美崎海岸

 竹富町竹富島の北側にある美崎海岸で軍事訓練などの標的用無人機とみられる物体が見つかった件で、町防災危機管理課は10日に台湾の関係者から、「自分のところの物ではないか」との連絡を受けたと明らかにした。町は所有者かどうかの確認を進めている。

 関係機関から危険物の可能性は低いとの見方を示されたため、同課は所有者不明の一般漂着物として物体を撤去する方針で調整を進めていた。

 連絡先が所有者だと確認できた場合、物体の処理方法などについて調整を進めるとしている。

 同課によると、物体は全長約5・2メートル、幅3メートル。漢字表記もあったという。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス