社会

名護市安和で海上抗議 1カ月半ぶりに再開 辺野古新基地建設

海上で抗議活動を展開する市民ら=15日、名護市安和

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で沖縄防衛局は15日、土砂投入を続けた。名護市安和では同日、新型コロナウイルス感染防止のため中止していた海上での抗議活動が約1カ月半ぶりに再開された。

 市民らはカヌー9艇とボート1隻で抗議活動を展開した。カヌーチームの鈴木公子さんは「弾圧が強くなればなるほど私たちは闘う意思を強くする」と話した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス