社会

那覇市立病院、25日にも救急再開へ コロナ集団感染で休止中

那覇市立病院

 職員の新型コロナウイルス感染が確認された那覇市立病院は、11日から休止している救急診療を25日にも再開させる見込みだと発表した。同院は、感染が確認された職員や患者と接触の可能性のあった約70人のPCR検査を実施。全員の陰性が確認されたが、その内28人の職員は濃厚接触者として14日間の自宅待機中となっている。職員の自宅待機解除日が25日の予定。同院では医師や看護師など職員9人、患者1人の計10人の感染が確認され、県はクラスター(感染者集団)として認定している。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス