政治

辺野古「唯一」 岸防衛相強調 従来方針繰り返す

 【東京】岸信夫防衛相は25日の報道各社のインタビューで、米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設が「唯一の解決策」だと改めて強調した。米側とも繰り返しこの方針を確認しているとして「着実に工事を進めることこそが普天間飛行場の一日も早い全面返還を実現し、危険性を除去することにつながる」と語った。

 辺野古を含む沖縄の基地負担軽減に関して、これまでの政府方針を繰り返し説明した。

 岸氏は沖縄の基地負担軽減について「安倍政権に引き続いて菅政権でも最優先課題」だとした。



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス