社会
新型コロナウイルス感染症

新型コロナウイルス 新規26人感染 10~80代、5日連続2桁

 沖縄県は30日、新たに10代から80代の26人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。5日連続で2桁の新規感染が確認され、新規感染者数は9月で2番目に多かった。新規感染者が増えていることについて、県の糸数公保健衛生統括監は「4連休の影響が出ている」と述べた。

 4連休は人の移動が活発化したが、県外からの感染の広がりは「あまり多くない」とした。その上で「県内の方々が飲食に行くなど、会合や活動から広がっている」との認識を示した。新規感染者26人のうち、9人は県内確定患者との接触が判明しており、感染経路不明の「調査中」が17人と多かった。感染経路が追えている9人については家庭内感染3人、飲み屋やカラオケなど夜の飲食での接触が4人で、2人は接触場所を確認できていないという。

 人口10万人当たりの直近1週間の新規感染者数は6・73人で全国2番目。米軍関係の新規感染者はゼロだった。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス