政治

玉城沖縄知事が菅首相と初面談 辺野古の対話解決求める

7日午前、岸信夫防衛相との面談後に記者団の取材に応じる玉城デニー知事

 【東京】沖縄県の玉城デニー知事は7日午前、首相官邸で菅義偉首相と政権発足後初めて面談し、米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設問題について、対話による解決の場を設けるよう改めて求めた。

 また、新型コロナウイルス感染症の影響で県経済が打撃を受ける中、沖縄振興への協力も求めた。

 面談は約7分ほどで、非公開で行われた。玉城知事によると菅首相は「これからもしっかり連携してやっていきましょう」と話したという。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス