スポーツ

興南がサヨナラ勝ち、与勝に12-11 高校野球秋季大会

 高校野球の第70回沖縄県秋季大会第11日は11日午前10時から、沖縄市のコザしんきんスタジアムで補欠校順位戦を行い、興南が与勝に延長十回タイブレークの末12-11でサヨナラ勝ちした。

 与勝が中盤に7点を追加しゲームの主導権を握ったが、興南も六回に4点、七回に1点を追加し、八回に7-7に追いつかれる。勝負はつかぬまま、無死一、二塁でスタートする延長十回タイブレークに突入。

 十回表与勝の攻撃、連打に又吉和輝くのレフトスタンドへの本塁打も飛び出し4点を追加するが、興南も連打でこれまた4点を追加。最後は興南の7番・呉屋輝のサヨナラ適時打で勝負を決めた。

 新型コロナウイルスの影響で、九州大会(31日~11月6日、長崎県)に出場する代表校の辞退なども予想されるため、補欠校順位戦を行った。九州大会出場は、10日に実施された準決勝で沖縄尚学と具志川商に決定している。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス