地域

名護城公園周辺で真っ赤な実が彩る オキナワスズメウリが赤く色づき

真っ赤な果実が特徴 オキナワスズメウリ/名護

 【名護】日本では沖縄に自生するオキナワスズメウリが、名護市内の名護城公園や原野で真っ赤な実をつけた。

 暑さに強く、成長が旺盛で、発芽するとぐんぐんつるが伸び小さな花を咲かせる。花の後にかわいい実ができる。

 名護城にトレッキングに来ていた名城百合子さん(沖縄市)は「かわいい実ですね。食べられるかしら」などと仲間に話し掛けていた。

 真っ赤な実が特徴で果実を多く実らせる。最近は果実をインテリアに使用しているのを見掛ける。
 分布はインド、ネパール。ウリ科。 (幸地光男通信員)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス