社会

秋の全島闘牛、11月8日と15日に分け開催決定 組み合わせ決まる

全島一優勝旗争奪戦の久保田桂広さん(左)と兼本正健さん=18日、うるま市の石川地域活性化センター舞天館

 沖縄県闘牛組合連合会(幸地政和会長)は18日、うるま市の石川地域活性化センター舞天館で、第113回秋の全島闘牛大会(主催・県闘牛組合連合会、共催・琉球新報社)を11月8日と15日の2日に分け開催すると発表した。8日は優勝旗争奪戦を含め軽量級と中量級が10試合、15日は全島一優勝旗争奪戦を含め重量級の10試合が実施される。どちらも午後1時試合開始。

 豚熱(CSF)や新型コロナウイルス感染症の影響で1月以降、大会が中断していた。感染症対策のため、大会の観客数は1280人にとどめる。客間の距離は1メートル開ける。会場での飲食や物品販売はしない。


昨年の「秋の全島闘牛大会」=うるま市石川多目的ドーム(又吉康秀撮影)

 場内に入れる勢子(闘牛士)の数は3人までとし、マスク着用を義務づける。大声での掛け声は禁止。

 チケットは前売り制で、うるま市天願の宴会場キャッスルハイランダーと南城市大里のまんぷく食堂で販売する。

 全島一優勝旗争奪戦は「王冠」と「邁進龍」、中量級優勝旗争奪戦は「古堅モータース☆黄龍」と「ホホジロ力志」、軽量級優勝旗争奪戦は「雷神逞真王」と「ファイティング大吉」が対戦する。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス