経済

ツーリズムEXPOジャパン、沖縄で開幕 宜野湾から国際交流の復活を発信

ツーリズムEXPOジャパン旅の祭典in沖縄の開会が宣言された=29日午後、宜野湾市の沖縄コンベンションセンター劇場棟(喜瀨守昭撮影)

 「ツーリズムEXPOジャパン 旅の祭典in沖縄」が29日、開幕した。11月1日までの4日間、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターを中心に開催される。「旅のチカラで日本、世界を元気に!」をテーマに新型コロナウイルス感染症で落ち込んだ観光需要を回復させる足掛かりとする。

 開会式には県内外から多くの観光関係者などが参加した。

 主催者を代表してあいさつした日本観光振興協会の山西健一郎会長は「観光の力を信じて世界的な危機を一刻も早く乗り越え、国際交流の復活を沖縄から世界に発信したい」と意気込んだ。

 29、30日は業界向けで、シンポジウムやセミナーが多数開催される。31日、11月1日は一般公開される。連日開催される展示会では、国内外の出展が集まり、旅の魅力や新たな旅行の形をアピールする。

 新型コロナウイルス感染症対策として、来場前に公式サイトからの事前登録が必要となる。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス