エンタメ

夜空の下で映画はいかが? 大画面のドライブインシアター、6日から沖縄市で

約2時間かけて設置された大迫力の大型スクリーン=10月23日、沖縄市諸見里のコザ運動公園サッカー場跡地

 【沖縄】夜空の下で安全にゆったりと映画鑑賞を楽しむ「ドライブインシアター・コザ」(沖縄テレビ放送、琉球新報社主催)が6日、沖縄市のコザ運動公園サッカー場跡地で始まる。3密を避けた新しい娯楽スタイルで主に金曜と土曜に、映画上映やキッチンカーが集まるイベントを期間限定で実施する。126台が駐車可能。

 10月23日には、縦7メートル横17メートルの大迫力の大型エアスクリーンを約2時間かけて設置し、映像を投影したテストが行われた。

 6日は午後7時半から「カンフーハッスル」、午後11時から「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」を上映する(雨天は中止、変更あり)。会期は2021年1月まで予定している。

 チケットは当日現地販売のみで、キャッシュレス決済(クレジットカード・電子マネーなど)は1台2800円、現金払いは3千円。問い合わせは、シュガートレイン(電話)098(882)3123。詳細はhttp://www.drive-in-koza.comから。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス