経済
沖縄経済ニュース

サトウキビ農家への交付金や人材確保 対策本部が沖縄県に要請

富川盛武副知事(右から4人目)に要請書を手渡す、県さとうきび対策本部の大城勉本部長(同3人目)=19日、県庁

 JAグループ沖縄や日本分蜜糖工業会などでつくる「県さとうきび対策本部」(本部長・大城勉JA沖縄中央会会長)は19日、県庁に富川盛武副知事を訪ね、生産振興に向けた施策の実現や、サトウキビ農家に支払われる交付金に関する政策支援など全6項目を要請した。

 要請では、政府が進める「働き方改革」に対応するための人材確保や宿舎整備、老朽化した製糖工場の建て替えなども盛り込んだ。大城本部長は「農家が意欲を持てるよう、再生産に取り組める交付金の水準を確保したい」と話した。

 同対策本部は同日、沖縄総合事務局にも要請を行った。25日には県議会にも要請を行う予定。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス