社会

JAL機緊急着陸 事故調査官が破損エンジン調査に着手

トラブルを起こした左翼エンジンを調査する運輸安全委員会の航空事故調査官=5日午後1時すぎ、那覇空港

 日本航空(JAL)904便がエンジントラブルを起こし、那覇空港に緊急着陸した「重大インシデント」で、国土交通省は5日、原因調査のため航空事故調査官3人を派遣した。

 5日午後1時10分ごろ、調査官らは那覇空港第1滑走路の駐機場に入り、事故があった機体の破損したエンジン部分の調査を始めた。調査に立ち合ったJALの担当者は「原因究明に向けて調査に全面協力していきたい」と話した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス