社会

「コザ暴動」那覇展が始まる 琉球新報本社で13日まで

50年前に撮影した写真を見ながら当時の状況を説明をする国吉和夫さん=11日午前10時ごろ、那覇市泉崎の琉球新報ギャラリー

 コザ騒動から20日で50年を迎えるのを機に、当時の様子を撮影した写真展「コザ暴動」那覇展(主催・コザ暴動プロジェクト、沖縄アジア国際平和芸術祭実行委員会、すでぃる)が11日、那覇市泉崎の琉球新報ギャラリーで始まった。平良孝七、比嘉康雄、国吉和夫、比嘉豊光、照屋寛則の5氏の作品約60点が展示されている。

 琉球新報に入社して半年だった国吉和夫さん(74)は本社デスクからの電話で飛び起き、カメラ2台とフィルムを10本持って現場に駆けつけた。「こんな取材は初めてだった。夜が明けてもゲート通りで燃えた車の煙がくすぶっていた」と当時の状況を説明した。

 13日まで。午前10時~午後6時、入場無料。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス