社会

沖縄県が那覇と浦添、沖縄市に時短営業要請を決定 飲食店、キャバクラなど 17日から28日まで

沖縄県庁

 沖縄県は14日、新型コロナウイルスの感染拡大が収まらないとして、那覇市と浦添市、沖縄市の飲食店とキャバクラなどに17日から28日の間、営業時間を短縮するよう要請することを決定した。営業時間は午前5時から午後10時までにするよう要請する。全日程で要請に応じた事業者には協力金として、24万円を支給する。同日の県新型コロナ対策本部会議で決定した。同日午後3時半ごろ、玉城デニー知事が会見を開いて方針を説明する。

 同日の県議会経済労働委員会で、嘉数登商工労働部長が「コロナ病床の医療現場は厳しさを増している。危機感を持って、早急に対策をしないといけない」と説明した。11月定例会で協力金の補正予算を追加提案した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス