社会
新型コロナウイルス感染症

沖縄の感染者計5000人超す 新たに21人 月1000人ペース続く【12月22日午後】 

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米アレルギー感染症研究所提供)

 沖縄県は22日、新型コロナウイルスの感染者が前日と同数の21人だったと発表、県内の累計は5000人を超えて5010人となった。県内では、10月21日に3000人台、11月23日に4000人台となり、ほぼ1カ月ごとに1000人ずつ増えている。

 行政検査64件のうち6人が陽性、保険診療では15人が判明した。

 県内で最初の感染者が確認されたのは2月14日。それから約半年後、県独自の2回目の緊急事態宣言期間中の8月9日に1000人台に突入した。同月27日には2000人を突破。わずか18日間で新規感染者が1000人を超えた。その後はやや鈍化していたが、10月以降は再び高止まり傾向にある。

 米軍関係では、嘉手納基地で新規1人の報告があった。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス