社会

「夏日のイブ」宮古島・鏡原で26度超え 南大東島では強い雨

クリスマス・イブの日、ツワブキの花の蜜を吸うオオゴマダラ=那覇市内

 24日の沖縄県では、宮古島市鏡原で最高気温26.3度を観測。クリスマスイブの日にもかかわらず夏日となった。南大東村南大東でも25.1度。石垣島では24.4度(11時21分)。那覇市は22.2度だった。

 一方で、南大東島旧東では、午後2時過ぎまでの24時間降水量が90.5ミリと12月としては観測史上最大を記録。宮古島市内も午後から雨模様となった。

 那覇市内は雨と晴れ間が交互に来る不安定な天気。市内の福州園では、オオゴマダラが悠然と羽を広げながら花から花へと飛び回る姿が見られた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス