社会

虹と初日の出 沖縄・伊江島のタッチューを飾る


 1日の午前8時前ころ、沖縄県・伊江島のシンボル「城山(ぐすくやま=タッチュー)」を包み込むような虹のアーチが出現した。

 日の出時刻の午前7時15分前後は厚い雲に覆われていたが、次第に雲の間から太陽が顔を出し始めた。太陽の輝きと共に青空が広がったものの、午前7時40分すぎころに大粒の雨が降り出した。その後、城山を包み込むようなダブルレインボーが出現した。

 初日の出の太陽が城山を照らし、明るい未来を示すような、めでたい風景となった。(中川廣江通信員)


タッチューを飾る「ダブルレインボー」。鮮やかな虹の外側、暗い雲をバックにもう一つの虹がうっすらと見える


関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス