社会

「うっしっしと笑う一年に」3学期始業式、集会開かず放送で

冬休みの宿題を手に元気いっぱいの笑顔を見せる児童ら=5日午前9時ごろ、宜野湾市神山の宜野湾小学校(新里圭蔵撮影)

 沖縄県内のほとんどの公立小中学校で5日、3学期の始業式や2学期後半の授業が始まった。

 宜野湾市立宜野湾小学校(松村徹校長)では新型コロナウイルス感染防止で全体集会は開かず、児童らは放送室からの放送を各教室から聞いた。

 松村校長は「今日から53日間の短い学期が始まる。今年や学期の目標を立て、目標達成に向けて一歩一歩進みましょう」とあいさつし、「うっしっしと笑える一年にしましょう」と締めくくった。1年1組の女子児童(7)は「たこ揚げやこま回しなどをして楽しかった」と笑顔で話した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス