エンタメ

BEGINが20回目「うたの日コンサート」故郷石垣島から配信 デビュー30周年、変わらぬ歌への思い

故郷石垣島で配信ライブを開いたBEGIN(うたの日実行委員会提供)

 昨年デビュー30周年を迎えたBEGINが12月13日、通算20回目となる「沖縄からうた開き!うたの日コンサート2020in石垣島~withJALホノルルマラソン~」を、故郷の石垣島から、オンラインで開催した。視聴者からのリクエストにも応えながら、ヒット曲を披露した。

 2020年のJALホノルルマラソンテーマソング「粛々楽々(しゅくしゅくらくらく)」で幕を明け、「Blessing Rain」、加山雄三に提供した「ワイキキシェル」と、ハワイつながりの曲を続けて歌った。マルシャのリズムに乗せて、BEGINの曲や昭和のヒット歌謡などをメドレー形式で演奏する「マルシャショーラステージ」は、「明日があるさ」「上を向いて歩こう」など、前向きで明るいナンバーで視聴者に元気を届けた。

 ラストステージは、「海の声」を皮切りに「島人ぬ宝」など、全12曲を披露した。比嘉栄昇は「僕たちは暮らしの中にある歌を歌っていきたいし、うたの日コンサートを続けていきたい。ホノルルマラソンも同じ気持ちだと思う。共に仲間がそこにいることを信じて、これからも頑張りたい」と話し、ラストは「三線の花」を高らかに歌い上げて締めくくった。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス