政治

岸防衛相、米軍機の慶良間訓練を改めて容認 県議会抗議声明は「重く受け止める」

岸防衛相

 【東京】岸信夫防衛相は15日午前の閣議後会見で、慶良間諸島周辺で行われた米軍機による低空飛行訓練に関し、沖縄県議会の米軍基地関係特別委員会が訓練を容認した岸氏の発言への「遺憾」表明を含む抗議声明を採択したことについて「重く受け止める」と語った。

 飛行訓練自体は「パイロットの技能の維持向上を図る上で必要不可欠な要素だ」と述べ、訓練を容認する姿勢を改めて示した。

 一方、訓練について「地元から不安の声が上がっていることは承知している」とし、訓練にあたって「我が国の公共の安全に妥当な考慮をはらって活動すべきであることは言うまでもない」と強調した。米側と連携しながら「地元の皆様への影響を最小限にとどめるように適切に対応する」と改めて話した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス