社会
新型コロナウイルス感染症

沖縄県が独自の緊急事態宣言を発出 知事が呼び掛け「感染拡大防止へ全県民の行動変容を」 20日から2月7日まで 

  玉城デニー知事は19日午後7時ごろ、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて警戒レベルを第4段階(感染まん延期)に引き上げ、県独自の緊急事態宣言を発出した。期間は20日から2月7日まで。県民に不要不急の外出を控え、特に午後8時以降は自粛するよう県民に求めている。玉城知事は記者会見を開き「地域の別なく全世代に感染が拡大している。地域医療崩壊が目の前だ。感染拡大を押さえ込むには全ての県民の行動変容が求められている」と呼び掛けた。

 飲食店などへの営業時間短縮要請は現行の7市対象の午後10時までから、午後8時までに2時間前倒しし、県内全域に対象を拡大する。

 国の緊急事態宣言が発出されている地域や独自の緊急事態宣言を出している地域、県内離島との往来は控えるよう求めた。それ以外の地域との往来については自粛は求めなかった。各職場ではリモートワークなどの導入で出勤者を7割削減を目指すよう要請した。

 併せて経済界が求める営業補償の拡充や1日6万円の協力金支給に対応する財源確保のためにも、国の緊急事態宣言対象地域へ追加要請する方針を示した。

 19日の対策本部委会議で決定した。県独自の緊急事態宣言発出は、2020年4月、7月に次いで3度目となる。

 県内では年明けから感染が再拡大し、16日には過去2番目に多い130人、19日には過去3番目に多い113人の新規感染者が確認された。


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス