社会

沖縄・浦添の多重事故 母子の死因判明

トラックなど5台が絡む事故現場の様子=11日午後、浦添市伊祖の国道330号(又吉康秀撮影)

 沖縄県浦添市の国道330号伊祖トンネル付近で5人が死傷した多重事故で、浦添署は14日、倒壊した鉄柱の下敷きとなって死亡した那覇市に住む女性(26)と息子(1)の死因がそれぞれ、頭蓋内損傷と脳損壊だったと発表した。

 事故は11日午後1時20分ごろ発生。那覇方面に向かうダンプカーが中央分離帯を乗り越え、門型の鉄柱を倒壊させて2台がその下敷きになったほか、別の2台と衝突した。これまでの調べで、ダンプの男性運転手(60)は事故直前に意識不明となっていた可能性があり、同署などが調べている。

【写真特集と動画】トラック絡む多重事故

https://ryukyushimpo.jp/photo/entry-1270510.html



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス