経済
沖縄経済ニュース

名前は「ユニポン」ですから ユニオンのキャラ名1200件の応募から決定

ユニオンのマークと店舗の三角屋根をモチーフしたキャラクター「ユニポン」(同公式ツイッターより)

 野嵩商会(宜野湾市)が運営するスーパー「フレッシュプラザユニオン」はこのほど、店舗キャラクターの名前を「UNIPON(ユニポン)」に決定した。先月、ユニオン公式ツイッターの開設に伴い、キャラクターの名前を公募した。約1200件の応募から、女性や子どもに親しみやすく、呼びやすい「ユニポン」が採用された。

 「ユニポン」はユニオンのマークと店舗の三角屋根をモチーフにし、2019年に誕生した。現在、ユニオンのチラシに隠れキャラクターとして登場するほか、公式ツイッターで店舗情報を周知している。

 野嵩商会の仲村知充取締役部長は「名前公募では、ユニタロウやユニゾウなどのアイデアもあったが、ユニポンが最もかわいらしく、呼びやすいので採用した」と説明した。今後、ユニポンを販促に活用し、買い物バックのデザインにも導入していく予定。


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス