社会

陸自ヘリから部品落下 沖縄上空を飛行 重さ3グラム、配線保護カバー

 陸上自衛隊第15旅団は26日午前10時40分ごろ、緊急患者空輸を終えて那覇基地に戻ったUH60JA多用途ヘリコプターからプラスチック製部品(重さ約3グラム、長さ約12センチ)がなくなっているのを確認した。飛行中に落下したとみられるが、部品は見つかっておらず落下場所は不明だ。原因は調査中。

 陸自によると、落下したとみられる部品は、尾翼付近の配線を保護するためのカバー。プロペラが凍るのを防ぐための装置に関連している。

 当該ヘリは26日午前7時50分に那覇を出発し、鹿児島県の航空自衛隊沖永良部島分屯基地で患者を乗せて午前9時8分に離陸した。その後、与那原町や漫湖公園(那覇市、豊見城市)の上空を通って午前9時56分、那覇に戻った。

 沖縄県は情報を収集し、対応を検討する。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス