経済
沖縄経済ニュース

おきなわ彩発見キャンペーン10日開始 県民の県内旅行を補助、施設利用や交通も

沖縄県庁(資料写真)

 沖縄県は10日から、県民の県内旅行を助成する「おきなわ彩発見キャンペーン」の第3弾を始める。補助率は旅行商品の8割で、プラン内容や宿泊日、購入方法で補助の上限額が変わる。期間は10日~4月30日の宿泊分が対象。第1、2弾では宿泊プランの販売が中心となっていたが、観光施設や、アクティビティーを取り扱う事業者にも補助が行き渡りやすいようにする。

 宿泊のみの場合は上限8千円。宿泊と観光施設やアクティビティー、交通などを組み合わせた場合は最大1万6千円を補助する。

 購入方法と宿泊日によっても補助額の上限が変わる。旅行会社を通して購入すると、日曜~木曜日は上限8千円だが、金・土・祝日前は5千円。インターネット販売専門旅行会社(OTA)だと、日曜~木曜日は6千円、金・土・祝日前は3千円となる。

 10日に特設ページに旅行商品を取り扱う事業者の一覧を掲載する。

 

▼沖縄「彩発見キャンペーン」第3弾 5億3000万円予算確保 開始時期は未定

▼【写真特集】コロナ禍でも人気 沖縄・超高級ホテルの世界

▼電気バスで巡る 沖縄・世界自然遺産の候補地ツアー 「やんばる黄金号」8日から運行



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス