地域
刻む10年 沖縄から、被災地から

防災を特番で呼び掛け 11日に沖縄県内の地域FM6局で

11日に放送される防災・減災を考える特別番組の収録に望むコミュニティFMの代表者ら=9日、FMとよみの本スタジオ

 FMとよみ(安慶名雅明社長)など沖縄県内の地域コミュニティFM6局は合同で、東日本大震災から11日で10年を迎えることからリスナーへ「防災・減災」を呼び掛ける特別番組を各局で放送する。時間は11日午後2~4時。安慶名社長は「コミュニティFMは地域に根差し情報を伝える役割がある。改めて震災について考えたい」と呼び掛けた。

 番組名は「東日本大震災から10年 沖縄の大震災ーその時わたしたちに出来ること、出来ないこと」。進行は防災士の稲垣曉(さとる)さん。FMとよみ、FMよみたん、FMやんばる、エフエム那覇、ハートFMなんじょう、FMくめじまの社長や局長らが集う。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス