社会

沖縄初の「性の多様性条例」浦添市議会が可決 差別禁止しカップル公認

「浦添市性の多様性を尊重する社会を実現するための条例」案を可決した浦添市議会=23日午前、浦添市役所

 【浦添】浦添市議会(護得久朝文議長)は23日の3月定例会最終本会議で、LGBTなど性的少数者のカップルを自治体が公認する「パートナーシップ制度」の導入などを盛り込んだ「性の多様性を尊重する社会を実現するための条例」案を全会一致で可決した。性の多様性に特化した条例制定は県内初で、10月1日に施行される。

 条例では、性的少数者であることを理由とする差別的扱いやハラスメントを禁じたほか、性的指向や性自認を本人の許可なく公にする行為(アウティング)をしてはならないとしている。事業者に対しては、性の多様性に配慮した職場環境の整備に努めるよう求めている。

 パートナーシップ制度の導入は那覇市に続いて県内2例目。制度の詳細は今後、規則で定める。

 23日は、議案の審議前に濱崎早人氏と銘苅良二氏が退席。討論や質疑はなく、全会一致で可決した。




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス