社会

ダイビングで死亡事故 業者の男性を書類送検 宮古島海保

那覇地検などが入る那覇第一地方合同庁舎=那覇市樋川

 宮古島海上保安部は24日、ダイビング中の女性(当時55)が死亡した事故で、客への注視を怠ったとして、当時インストラクターの男性(32)=兵庫県尼崎市=を、業務上過失致死の疑いで那覇地検平良支部に書類送検した。送検容疑は2020年8月13日、宮古島市の伊良部島沖の通称「沈船ポイント」でダイビング初心者に対する注視を怠り救助が遅れ、死亡事故を発生させた疑い。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス