社会

ひめゆり資料館 あすリニューアルオープン イラストや写真充実

リニューアルオープンに向けた作業を説明する古賀徳子学芸課長=7日、糸満市伊原のひめゆり平和祈念資料館

 沖縄県糸満市伊原のひめゆり平和祈念資料館が12日、リニューアルオープンする。「戦争からさらに遠くなった世代へ」をテーマに、身近な家族に戦争体験者が少なくなった今の世代により伝わるよう、展示にイラストや写真を多用した。戦争を体験していない職員らが提案した常設展示「ひめゆりの戦後」も新設した。

 同資料館は1989年に開館。2004年には最初のリニューアルが行われ、元学徒らが中心になり展示内容を考案したが、今回は戦後生まれの職員が中心となって構想した。これまでの来館者からの感想などを反映させ、イラストや映像を使い、より分かりやすい表現になるよう工夫を重ねた。「ひめゆりの戦後」では、戦後もつらい思いを抱え続けた元学徒らが資料館設置に至った経緯や語り部の活動などを紹介する。

 普天間朝佳館長は「生まれ変わった資料館に足を運び、戦争の悲惨さ、命の尊さ、平和の大切さを考える機会にしてほしい」と来館を呼び掛けた。開館は午前9時から午後5時25分。年中無休。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス