社会

那覇空港ピアノ、アルベルト城間さんが寄贈「自由に弾いて」 

贈呈したピアノとのセッションで歌声を披露するアルベルト城間さん=30日午前、那覇空港3階ふくぎホール

 公共の場に設置され、誰でも自由に弾ける「ストリートピアノ」が沖縄の空の玄関口、那覇空港に登場した。県内では初設置とみられる。ラテンバンド「ディアマンテス」のボーカル、アルベルト城間さんが30日、空港を管理する那覇空港ビルディングに贈った。空港には早速ピアノの音色が鳴り響き、行き交う人々が足を止めた。

 「街角ピアノ」などとも言われるストリートピアノは音楽を通じて人と人とのつながりを生み、気軽に音楽に触れてもらうことなどを願い、駅や空港といった公共の場に設置されている。イギリスで始まったとされ、今では世界各地に置かれている。

 子どもの頃はピアノに憧れ、いとこの家に弾きに行ったというアルベルトさんは、仕事でよく利用することから空港に設置することを考えた。相談を受けた沖縄市の島ピアノセンターが思いに共感し無償でピアノを提供した。アルベルトさんが首里城をイメージしたという紅型や龍、生まれ育ったペルーの太陽を描き、アートピアノに仕上げた。アルベルトさんは「『音楽の島』沖縄から平和と人々のつながりを感じて」と思いを込めた。

 この日、那覇空港3階のふくぎホールで贈呈式があり、アルベルトさんがピアノの伴奏に合わせて楽曲を披露した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス