教育
<りゅうPON>学ぼう沖縄戦

【ワークシート付き】私が子どもだったころ 沖縄と戦争

 6がつ学校がっこう平和へいわ学習がくしゅう戦争せんそう体験たいけんしゃはなし機会きかいおおいでしょう。あの悲惨ひさん戦争せんそうきるまえ沖縄おきなわどもたちはどんならしをしていたのでしょうか。


 大正たいしょうまれで、せきとく高等こうとう女学校じょがっこう出身しゅっしんしゃでつくるふじ同窓会どうそうかい会長かいちょう新垣あらかき道子みちこさん(88)=浦添うらそえ=は、軍歌ぐんか唱歌しょうかくちずさむのがきな少女しょうじょでした。授業じゅぎょうがなくなり、日本にほんぐん飛行場ひこうじょう建設けんせつされても「おくにのためだから」と、疑問ぎもんおもわなかったそうです。


 軍国ぐんこく少年しょうねんだった瑞慶覧ずけらん長方ちょうほうさん(82)=南城市なんじょうし=は「おおきくなったら兵隊へいたいになりたかった」といます。でも、戦火せんかなか家族かぞくまどいながらたものは、おそろしい光景こうけいでした。


 戦争せんそうどもたちからなにうばったのでしょうか。新垣あらかきさん、瑞慶覧ずけらんさんのはなし当時とうじ写真しゃしんから、一緒いっしょかんがえてみませんか。


「おくにのため」疑問ぎもんたず

せきとく高等こうとう女学校じょがっこう同窓会どうそうかい会長かいちょう 新垣あらかき道子みちこさん(88)


「セーラー服に革靴、靴下が女の子の憧れ。流行歌を歌うと『不良』と言われたのよ」と戦前の様子を語る新垣道子さん=5日、浦添市の自宅


 《実家じっか那覇なは西新にししんまちいまのパシフィックホテル沖縄おきなわあたりにあり、しおかおりがただよっていました》


 どものあそびといえば、いしをおはじきのようにしてあそいしなーぐーやいしり。お手玉てだまやまりきもした。周辺しゅうへん倉庫そうこがいで、みなとから出荷しゅっかされるまえ黒砂糖くろざとうのたるが保管ほかんされていた。かくれんぼをしながらくぎでたるにあなけて、こっそりなめることもあった。わたしはゆーあしばー、いまうと、おてんばだったとおもう。友達ともだちとよくあそんだ。


 《1940ねん沖縄おきなわ家政かせい高等こうとう女学校じょがっこう(43ねん私立しりつせきとく高等こうとう女学校じょがっこう改名かいめい入学にゅうがく。セーラー革靴かわぐつこころおどりました。翌年よくねんから戦争せんそう足音あしおとちかづきます》


 2年生ねんせいとき海軍かいぐんにいた親戚しんせき軍艦ぐんかん与那原よなばる寄港きこうすると連絡れんらくがあった。ちちとおじさんと軽便鉄道けいびんてつどうっていにくと、うみこうにねずみいろふねがいっぱいまっていた。12日本にほんぐんによる真珠湾しんじゅわん攻撃こうげきがあった。


 英語えいご授業じゅぎょうはなくなり、ぐん小禄おろく飛行場ひこうじょう建設けんせつ作業さぎょうあさから動員どういんされることもあった。うえはセーラーしたはもんぺ姿すがたつちいしをざるにれてリレーみたいにはこんだ。おくにのためだから難儀なんぎともおもわなかった。


那覇市の真教寺では、幼稚園に通っていない子どもたちを集めた託児所が夏休みに開かれた。西新町、西本町出身の積徳高等女学校と県立第二高等女学校の生徒たちが実習に参加した=1943年(新垣道子さん提供)


 4年生ねんせいになると託児たくじしょ実習じっしゅうがあった。オルガンをき、うたってあげると、どもたちはとてもよろこんだ。学校がっこう先生せんせいにもなりたいとおもった。友達ともだちぐんのため看護かんごになるとった。とにかく「ぐんのため、おくにのため」という時代じだいだった。


 《44ねん卒業そつぎょう東京とうきょうにある薬学やくがく専門せんもん学校がっこう進学しんがくまりました》


 入学にゅうがくしきのため、那覇なはから鹿児島かごしまふねかった。軍隊ぐんたい召集しょうしゅうされた沖縄おきなわ男性だんせいたちもっていた。おじさんたちが方言ほうげんはなすと、兵隊へいたいにひどくなぐられた。「なぜ沖縄おきなわひとが、こんなにばかにされないといけないのか」とかなしくなった。


 船団せんだんいちせき魚雷ぎょらいけ、まどからふねなかふたつにれるのがえた。こわくて船底ふなぞこ浮袋うきぶくろをじっとさえた。


 東京とうきょうでも授業じゅぎょう半分はんぶんなくなり、軍需ぐんじゅ工場こうじょうみたいなところ手伝てつだいにかされた。硫酸りゅうさんはいったおおきなそうをはしごのうえからチェックするのだが、あるひとちてくなった。しぶきががってやけどをするひともいた。「なんでこんな学校がっこうたのか」となん後悔こうかいした。


 空襲くうしゅうのサイレンがると防空ぼうくうずきんをかぶり、見知みしらぬ土地とち防空壕ぼうくうごうさがす。地面じめんせても風圧ふうあつからだ圧迫あっぱくされてこわかった。


 那覇なは実家じっかかれ、祖母そぼくなった。後輩こうはい看護かんご要員よういん動員どういんされた。日本にほんぐん手伝てつだいをしていのちとした卒業生そつぎょうせいもたくさんいた。伊江島いえじま出身しゅっしん同級生どうきゅうせい女性じょせいなのにしろ鉢巻はちまきに軍服ぐんぷく戦車せんしゃたいたりしてくなった。こんなおそろしいかたがあっていいのだろうか。

 

どもたちへのメッセージ

ニュースで紛争ふんそう内戦ないせんまれた外国がいこくどもたちをると「沖縄おきなわおなじ」とかなしくなる。辺野古へのこべいぐん基地きちつく計画けいかくがあるが、基地きちがあるがゆえにねらわれるのではないか。また戦争せんそうこらないか心配しんぱいだ。沖縄おきなわばかりを犠牲ぎせいにするのはもう勘弁かんべんしてほしい。戦争せんそう風化ふうかさせてはいけない。平和へいわ一番いちばんだ。

 

…………………………………………………………………

あらかき・みちこ

1925ねんまれ。戦後せんご小学校しょうがっこう教員きょういんなどをつとめながら、高校こうこう教員きょういんおっとにんさんきゃくども5にんそだて、まごにん、ひまごにんめぐまれた。同窓生どうそうせい模合もあいではおもばなしものたのしむ。


うそかさなった悲劇ひげき

もと県議会けんぎかい議員ぎいん 瑞慶覧ずけらん長方ちょうほうさん(82)

 


「戦場は生きるので精いっぱい。人間性が失われる」と語る瑞慶覧長方さん=5月30日、南城市大里の自宅


 大里おおざとだい国民こくみん学校がっこうねんのとき、教科書きょうかしょが「ススメ ススメ 兵隊へいたいススメ」と軍国ぐんこく調ちょうだったことをおぼえている。5、6ねん社会しゃかい教科書きょうかしょには「東南とうなんアジア諸国しょこく資源しげん豊富ほうふだが、技術ぎじゅつおくれている。だから、日本にほん開発かいはつをして、だい東亜とうあ共栄きょうえいけんつくる」といてあった。


 おおきくなったら兵隊へいたいになりたい、沖縄おきなわ出身しゅっしんだから大将たいしょう無理むりだけど、中将ちゅうじょう大佐たいさにはなれるだろうとかんがえていた。ユウナのつくった木刀ぼくとう軍隊ぐんたいおなじように、あかいろおびして、兵隊へいたいごっこであそんでいた。


 《1944ねん沖縄おきなわ本島ほんとうふく南西諸島なんせいしょとうだい32ぐん創設そうせつされました》


 6年生ねんせいのころには、学校がっこう兵舎へいしゃになり、授業じゅぎょうはかやぶき屋根やねむら(むらやー)でおこなわれた。授業じゅぎょう午前ごぜんわり、午後ごご生徒せいと全員ぜんいん陣地じんち構築こうちくされるようになった。


 上級生じょうきゅうせいだん生徒せいとほりり、じょ生徒せいとされたはこす。下級生かきゅうせいは、ごう崩落ほうらく防止ぼうしよう使つかうリュウキュウマツのかわをはぐ。作業さぎょう兵隊へいたい同級生どうきゅうせい冗談じょうだんい、くにのためにといさんでやっていたから、義務ぎむかん強制きょうせいかんはなかった。


前列中央が5〜6歳ごろの瑞慶覧さん。「新調の服の肌触りが普段着慣れない感じで、少し機嫌が悪かった」と当時を振り返る(瑞慶覧長方さん提供)


 《45とし23にちべいぐん攻撃こうげきはじまり、生活せいかつ一変いっぺんします》


 空襲くうしゅうかんぽう射撃しゃげきはげしくて、予定よていされていた修了しゅうりょうしき卒業そつぎょうしき中止ちゅうしになった。母親ははおやいもうとおとうとの4にんで、ごう避難ひなんした。27にち空襲くうしゅういえなにもかもかれた。ひるごうでおとなしくして、よるかんほう射撃しゃげきなか食料しょくりょういもりに生活せいかつ。それでもまだかった。


 5がつ23にち中部ちゅうぶ戦線せんせん敗残はいざんへいがやってて、ごうからろとわれた。抵抗ていこうするははに、兵隊へいたいは「ぐんうことをかないのは天皇てんのううことをかないことだ。それは売国奴ばいこくどだ。ってやる」とって、本当ほんとう日本にほんがたないてころそうとした。


 《ごうわれた瑞慶覧ずけらんさんたちは、大里おおざとから真栄里まえざと真壁まかべ米須こめすと、本島ほんとう南部なんぶをくのがたまわ摩文仁まぶににたどりきました》


 「みなみ安全あんぜん」だと大本営だいほんえい発表はっぴょうがあったから、みなみげたけど、実際じっさいはそこが一番いちばんひどかったんだよね。砲弾ほうだんなかあたいちめんかさなる死体したいかくれながらげて、められたのが摩文仁まぶにだった。


 620にちだったかな。白旗しろはたった日本人にほんじんが「安全あんぜんだから捕虜ほりょになれ」といにた。でも、日本にほんへいが「売国奴ばいこくど」とさけんでそのひとくびをはねてしまった。しばらくして、べいぐん機銃きじゅう火炎かえん放射ほうしゃによる攻撃こうげきはじまった。


 自分じぶんたちは、気付きづけばがけしたげ、いわかくれていた。あさひるばんべいぐんが「てこい、心配しんぱいない」とけてくる。7なのか軍国ぐんこく少年しょうねんとして洗脳せんのうされていた自分じぶんに、べたいという本能ほんのうった。そして、自分じぶん先頭せんとう家族かぞく全員ぜんいんそとて、べいぐん保護ほごされた。沖縄おきなわせんは、教育きょういくのうそや大本営だいほんえいのうそなど、わるいことが全部ぜんぶかさなってきた悲劇ひげきちゅう悲劇ひげきだった。

 

どもたちへのメッセージ

ぼくたちはいつのにか軍国ぐんこく主義しゅぎ教育きょういくをされて、くと、後戻あともどりできなくなっていた。地域ちいきくに家庭かていも、大人おとなども同士どうしでもはなうこと、とき権力けんりょく左右さゆうされて間違まちがった方向ほうこうはしらないことが大事だいじだ。平和へいわまもるために、戦争せんそうまきまれないなかをつくる努力どりょくをしてほしい。

 

…………………………………………………………………  

ずけらん・ちょうほう

1932ねんまれ。南城市なんじょうしきゅう大里おおさとそん出身しゅっしん生物せいぶつ化学かがく教員きょういんて、県議会けんぎかい議員ぎいん現在げんざい農業のうぎょうかたわら、趣味しゅみ多肉植物たにくしょくぶつそだてている。4にんどもと8にんまごがいる。

(2014ねんがつ掲載けいさい


戦前の学校生活の様子(クリックで拡大)

戦前の学校生活の様子(クリックで拡大)


<クリックでpdfをダウンロード>

<クリックでpdfをダウンロード>



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス