社会
沖縄経済ニュース 沖縄の新型コロナウイルス最新情報

時短きょうから拡大 沖縄県まん延防止 映画館や大型施設も

 新型コロナウイルス感染拡大防止のまん延防止等重点措置が延長されたことに伴い、14日から映画館や大型商業施設が県の営業時間短縮要請の対象に加わる。 
 時短営業の要請は、床面積千平方メートル超の大規模施設が対象になる。ショッピングセンターや遊興施設、運動施設などは午後8時まで、映画館やホテルの宴会場などは午後9時までに営業を短縮することが要請される。県は、重点措置対象地域の11市5町で、約1500店舗が対象になるとしている。

 大規模小売店には午後8時までの営業短縮が要請されるが、食品や衣料品、医薬品など生活必需品の販売は対象外になる。県内各小売業者では、同じ施設内でも店によって営業時間を分けて対応するところが多い。

 イオン琉球は飲食店とフードコート以外の店舗は現行の営業時間を継続する。サンエーは衣料・化粧品・各専門店などの閉店時間を午後8時に早める一方、食料品売り場やドラッグストアのマツモトキヨシは一部を除いて通常営業を維持する。イーアス沖縄豊崎は飲食店・専門店は午後8時閉店だが、スーパーは午後10時まで営業する。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス