社会
沖縄の新型コロナウイルス最新情報

派遣看護師、遅れるワクチン接種 不安抱え「高齢者枠」で接種待ち

 市町村が運営する新型コロナウイルスワクチン接種会場で、派遣会社を通して働くフリーランスの看護師に対するワクチン接種が遅れている。沖縄県によると、派遣の看護師は当初、国の方針で定めた医療従事者の枠から外れていたため、医療従事者向けに確保されたワクチンが行き渡らなかった。現在は医療従事者の位置付けだが、高齢者向けワクチンの枠で接種の順番を待っている。

 医療機関への看護師派遣はへき地を除き原則禁止されていたが、国は4月、ワクチンの集団接種に必要な人材確保のため、自治体が設ける接種会場への派遣を来年2月末まで特例的に認める方針を決めた。

 県内の接種会場は市町村が運営する。会場ではフリーの派遣看護師や、医療機関に所属する看護師が働いている。医療従事者向けワクチンは被接種者リストを県がとりまとめ、約5万9千人分を確保したが、派遣看護師はリストから漏れていた。県の担当者は「現在、接種会場で働く派遣の看護師は医療従事者の扱いだが、国のルール変更が間に合わず、医療従事者向けワクチンの接種対象ではない。市町村の行政職員と同等の枠で高齢者向けワクチンを接種することになる」と説明した。

 県によると、医療従事者の接種状況は1回目が79.9%、2回目が56.2%で接種が進んでいる。一方、高齢者向けワクチンは接種が始まったばかりの市町村もあり、医療従事者向けと比較すると遅れている。

 宜野湾市の接種会場では、予診票の記入チェックを中心に二十数人の派遣看護師が働いている。市は高齢者向けワクチンの余剰分を派遣看護師に接種しているが、24日時点で「数人しか接種できていない」(担当者)という。

 琉球新報の取材に応じたフリーの派遣看護師は「ワクチン接種の最前線で1日100~200人と対面する。私が感染を広げてはいけないので、自腹でPCR検査を受けている。派遣看護師の中には複数の接種会場で働く人もいる」と不安を訴えた。

 「社会貢献になると思い、接種会場で働いている。どこにも所属していないだけでワクチンを接種できないのはおかしい」と話した。
 (稲福政俊)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス