社会

今年、台風はどのくらい発生する?ウェザーニュースが予測

 気象情報会社ウェザーニューズは8日、「台風傾向2021」を発表した。今期の台風発生数は24個前後で平年並みになる見通し。7月から増え始め、8月をピークに10月までに多く発生するとみている。

 台風が発生した場合、7月は沖縄や朝鮮半島方面へ、8月は西日本や北海道に接近する進路が多くなるという。9月以降は平年よりもやや外回りの進路を取り、沖縄や本州付近へ向かうことが多くなると予想される。

 ウェザーニューズは台風の上陸、接近による風雨の影響に特に注意するよう呼び掛けている。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス