社会

国、沖縄県、うるま市が基地内立ち入り調査 米軍PFOS汚染水流出

米軍の「陸軍貯油施設」内で、国や県、うるま市職員らを案内する米軍関係者ら=12日午後、うるま市昆布

 沖縄県うるま市昆布周辺の米軍の「陸軍貯油施設」の金武湾第3タンクファームで消火用水が流出した事故を受け、日本政府と県、うるま市は12日午後3時から、基地内に立ち入り調査を始めた。ただ、関係者によると、この日は現場確認のみで水などを採取することはできない可能性がある。

 流出事故は10日午後4時46分に発生した。有害性が指摘されている有機フッ素化合物のPFOS(ピーフォス)やPFOA(ピーフォア)を含む水が、大雨の影響で基地の外へ流れ出たとみられる。最大650ガロン(約2460リットル)が出た可能性がある。日本政府は11日に立ち入りを申請していた。

 陸軍貯油施設はうるま市と沖縄市、嘉手納町、北谷町、宜野湾市に分散しているが、今回流出した可能性があるのはうるま市昆布周辺。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス