政治

沖縄県、土日休業20日で終了 広域接種の1会場新設…緊急事態延長で方針

対処方針を発表する玉城デニー知事=17日午後7時20分ごろ

 玉城デニー知事は17日、新型コロナウイルス感染症対策の緊急事態宣言が7月11日まで延長されることに伴う対処方針を発表した。県立高校の休校を20日までで解除し、21日から登校を再開する。政府は17日、県が要請した2週間を上回る3週間の延長を決めている。

 県は17日に対策本部会議を開き、21日以降の対処方針を決定した。玉城知事は「一丸となって感染防止対策に取り組んでいくことが重要だ」と語った。ワクチン接種の加速化に向け、広域接種センターを1カ所新たに設けて3カ所に増やす方針を示した。

 大型商業施設の土日休業要請も21日以降は解除して午後8時までの営業時間短縮にとどめる。酒類提供店舗への休業、飲食店の午後8時までの営業時間短縮、酒類提供の停止要請は続ける。酒類を提供し、カラオケ設備のある店などには休業、その他の飲食店には午後8時まで、劇場や映画館などは午後9時までの時短を要請する。

 県立学校は地域の感染状況に応じて時差登校や分散登校を検討し、小中学校については市町村が感染状況を考慮して判断する。学校の部活動は原則中止を続ける。ただ、九州・全国大会に関連する大会などに出場するために限定的に認める。屋内競技や接触を伴う協議はより厳格に取り扱う。

 県は県民や県内に滞在している人に21日以降も引き続き不要不急の外出を控え、飲食につながる催しは実施しないよう呼び掛けている。県をまたぐ渡航や離島との往来も自粛するよう求めている。

 イベントについても方針を継続し、無観客やオンライン開催を除いて延期や中止を求める。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス