政治

北谷町長選 渡久地町議が出馬を表明 11月21日投開票

渡久地政志氏

 【北谷】11月21日投開票の北谷町長選挙に向け、町議の渡久地政志氏(42)が26日、栄口区公民館で会見を開き、野国昌春町長の後継候補として正式に出馬を表明した。町政与党議員や支持者らの前で「町民との対話や協働を基本に町政を運営していきたい」と決意を語った。

 渡久地氏は、平和の推進や基地問題への対応、子育て支援、経済発展、行財政健全化などを掲げ、「誰もが住みよい北谷町を目指す」との考えを示した。

 野国町長は「町のかじ取りをするリーダーとして期待している。若い発想で頑張ってほしい」と話した。

 渡久地 政志氏(とぐち・まさし) 1979年5月生まれ、町宮城出身。沖縄大卒。2005年の町議補選で初当選し、現在5期目。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス