社会

西原町徳佐田で15日に不発弾処理 沖縄自動車道、那覇空港自動車道が一部通行止め

 【西原】沖縄県西原町徳佐田で見つかった米国製5インチ艦砲弾の不発弾処理が、15日午前9時から実施される。現場から半径88メートル内にある20世帯、11事業所の52人が避難対象となる。避難場所は琉球銀行坂田支店駐車場。

 午前8時30分に琉銀坂田支店駐車場に現地対策本部を設置し、午前8時50分から不発弾処理が終わる予定の午前11時ごろまで沖縄自動車道と那覇空港自動車道の一部区間を通行止めにする。規制区間は沖縄自動車道が西原IC―那覇ICの上下線。那覇空港自動車道が西原JCT―南風原北ICの上下線。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス