政治

「大事なのは実態をどう変えていくかだ」 日米地位協定改定、河野氏は消極姿勢

 【東京】自民党総裁選に立候補した河野太郎沖縄担当相は18日の立候補者討論会で、沖縄県や全国知事会が求めている日米地位協定の改定について「さまざまなルールや、協議の中で実態が変わってきたということがある。大事なのは実態をどういう風に変えていくかだ」と述べ、改定に否定的な姿勢をあらためて示した。

 河野氏はかつて党の議員連盟「日米地位協定の改定を実現し日米の真のパートナーシップを確立する会」で幹事長を務めていたが、外相就任後は改定の主張を封印してきた。河野氏は「変えるか変えないかが政治問題化していけば、米側としても、受け入れることができなくなる」とも述べた。

 原則、非公開となっていいる日米合同委員会の議事録については「対外的に出さないものも、いろいろある。出せるものについては、なるべく出していかなければいけない」と述べた。



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス