社会

嘉手納ヘリ、夜中の入砂島に緊急着陸 コンテナ落下の現場近く

緊急着陸したヘリと同型のHH60G特殊救難ヘリ(読者提供)

 沖縄県によると、23日午後10時半ごろ、米軍嘉手納基地所属のHH60G救難ヘリコプター1機が渡名喜村の入砂島(出砂射爆撃場)に緊急着陸した。訓練中に何らかのトラブルがあったとみられる。24日午前1時26分に嘉手納基地へ戻った。

 県には24日午前0時10分に沖縄防衛局からメールで情報が入った。県は防衛局を通じて原因や訓練内容などを問い合わせている。

 出砂射爆撃場には2019年2月にも米軍ヘリが緊急着陸した。米軍は21年7月、入砂島と渡名喜島の間の海上に鉄製コンテナ1個を落下させた。




関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス